お酒好きな人必見!バーテンダーの仕事内容と楽しい点・大変な点を聞いてみました!

バーテンダーの仕事はきつい?

バーテンダーの仕事は実際のところキツイものなのでしょうか?
接客業ですので、礼儀をわきまえた話し方などは必要です。
カクテルを作るだけでなく、簡単なおつまみを作ることも求められます。

お店の片づけも当然ですが、しなくてはなりません。
バーテンダーの仕事は、シェーカーを振ることが要求されるようにも思われますが、初心者はシェーカーを使うことができなくても特に問題になることはありません。

バーテンダーをしていると、いろいろな種類のカクテルについて詳しくなることができます。
自宅で自分なりにカクテルを作って楽しむことができるようになります。

大変なこと

バーテンダーの仕事は、お酒を出す仕事ですので、酔ったお客の相手はなかなか大変です。
嘔吐物の処理をすることも要求されます。
お客さんにお酒をおごってもらって、自分が酔い潰れてしまうこともあります。

週末は休みを取りにくいという部分も出てきます。
基本的に夜の仕事ですので、生活リズムが崩れやすくなります。
非常に多くのお酒の種類を覚えなくてはなりませんので、最初の内は面食らってしまうかもしれません。

オシャレな雰囲気を楽しめる

バーテンダーの仕事は慣れてくると非常にオシャレなものです。
楽しく働くことができるようになります。
お客さんとの出会いによって、自分の世界が広がることもあります。

社会の先輩の話を聞くことによって、社会勉強をすることもできるようになります。
常連さんと仲良くなれば、自分の誕生日にプレゼントをもらうことができるようになるかもしれません。
将来、バーをやってみたいと思っている人が、お店の雰囲気を勉強するために、働くという方法もお勧めです。百聞は一見しかずです。

バーテンダーとして働くには

バーテンダーとして働きたいと思ったら、直接お店に行って、働きたいということを相談してみるといいでしょう。
この場合には、お店が忙しい時間帯はさけるべきです。
あるいは、アルバイト求人雑誌などを見て、応募することもできます。一方でバーで働いている友人にバイトの情報が無いかを尋ねてみてもいいでしょう。

面接に臨む時には、これまでバーテンダーをしたことがあるのでしたら、それをしっかりと告げるようにすることはとても大事なことです。
また、接客の仕事ですので、明るく元気な感じを伝えることも必要です。
人見知りしない性格であることはアピールするといいでしょう。

また、なぜバーテンダーの仕事をしてみたいと思ったのかを説明できるようにしておくことが必要です。
チャレンジ精神があれば、初心者の方でもやることができる仕事です。
大変なことも多い仕事ですが、慣れてしまえば、楽しくなります。