自分の店を持ちたい人にうってつけ!板前アルバイトの仕事内容ややりがいとは?

板前として働くには

旅館などには、お客様に料理を提供するスタッフとして、板前がいます。旅館の場合には日本料理が中心のメニューになりますので、板前が調理全体のアレンジを考えていくことになります。
旅館の印象を左右する仕事ですので、とてもやりがいのある仕事です。

板前の仕事は、お客様に出す料理の調理、盛り付けです。
旅館の規模にもよりますが、分業化して、調理を行うことが多くなります。
それぞれの担当をしっかりとこなしていくと、調理がスムーズに進みます。

また、料理を作る場所の衛生管理もとても重要ですので、調理場の掃除は定期的に行わなければなりません。
下積みの間は、掃除や洗い物をすることから、仕事の流れを覚えて行くことになります。

ある程度、修行を積めば、献立を考えることをする様になります。
食材に関する知識とコストバランス、更にはお客様のニーズに合わせて考えて行くことが求められます。
旬の食材を積極的に取り入れるようにすることも必要です。

やりがい

板前の仕事は、お客様の反応を料理を通じて感じてもらえることにあります。
自分の料理を気にいってくれて、それを食べに着たいと思うリピーターがいると非常にうれしい気持ちになれます。

料理の技術を学ぶ事もできます。
新しい技術やスキルを学びたいと考えている場合には板前は、非常にお勧めの職場です。

師弟関係が非常に厳しい仕事ですので、挨拶や言葉使いなどをしっかりと学ぶ事もできます。
料理の技だけでなく、自分自身を成長させることが求められます。
すぐに、一流の板前になることはできません。

地道な努力をすることが求められます。
最初の1-2年の間は料理に全く関わることができないという場合も出て着ますが、めげることなく精進していくようにするといいでしょう。

必要な資格

板前になるには、資格が必要です。
調理師免許を取得しておかないと、板前になることはできません。
資格ではありませんが、美しい料理を作っていくためには、手先の器用さも必要になります。
探究心やコミュニケーション能力も必要です。

向上心がなければ、一人前の板前になることはできません。
板前の技術が一度見についてしまえば、一生のものになります。
どこの旅館でも通用するものになります。

自己鍛錬の場

板前になりたいと思ったら、それは料理を通じて自己鍛錬をすることだと思うべきです。
実際にスタートすると大変なことばかりですが、やりがいと達成感がある仕事ですので、謙虚な気持ちで、仕事に向かって行くようにするといいでしょう。

何でも吸収してしまう、貪欲さも必要です。
自分の料理を楽しんでくれるお客さんの存在は、そのための大きな励みになるはずです。