女性なら一度は憧れるケーキ屋アルバイトの仕事内容やメリット・デメリットって?

ケーキ

主婦にも人気のケーキ店アルバイトはどんな仕事?

甘いものが好きな人にとって、ケーキ店のアルバイトは好きなものに囲まれたバイトになります。
またケーキ店の制服はかわいいので、女性、主婦の皆さんにも人気です。

ケーキ店のアルバイトは主に販売・接客とケーキを作る仕事に分かれます。
販売・接客の仕事では、ケーキを買いに来たお客様にケーキの説明をすることもありますし、ケーキをきれいに並べるのも仕事です。

ケーキは種類によって甘さが魅力となるものもありますし、さわやかさやフルーツがメインで、あまり甘くないケーキもあります。
ケーキの種類によって魅力が違う事など、ケーキの知識を持っておく必要もあるでしょう。

ケーキの製造の仕事は実務経験を積む仕事

ケーキの製造の仕事は、製菓学校の学生さんや将来パティシエになりたいなど、見習の方が多いです。
将来、パティシエとなるために修業する場としてバイトしている人も多いので、ケーキ作りについて基礎知識を持っている人が多くなります。

ケーキの生地を作ったり、フルーツの皮むきをするなど、製造の仕事は手先をよく利用する仕事です。
それぞれ担当部署が決まっているお店もありますし、色々な仕事をサポートすることもあります。

接客・販売も同じですが、製造は特に繁忙期、かなりに忙しくなる仕事です。
クリスマス、バレンタインなどはケーキの注文が多く、深夜まで作業が継続することも多いといいます。
アルバイトでもシフトを変えるなど融通が利かない時期もあるので、注意が必要です。

ただ製造だからといって、特に資格や免許などは求められることはありません。
お店によっては資格者の募集としているところもありますが、基本的に未経験もOKというところが多いです。
ただ販売スタッフと違い、製造の方は募集人員が少ないので、募集を見つけたらすぐに応募するようにしないと、採用は難しくなります。

ケーキ店で働くメリットとデメリット

ケーキ店で働くメリットですが、ケーキ好きな人にとっては好きなものに囲まれているというベストな環境で働くことができるという点です。
閉店後、余ったケーキをもらえるというお店もあります。

また接客・販売の仕事でもケーキの特徴など詳しくなれることや、ケーキの製造でバイトする場合、作り方やコツなどを学ぶ機会になるでしょう。
お客様に対する話し方など接客のノウハウを覚えることもできます。

デメリットは接客・販売の仕事も製造の仕事も立ちっぱなしの仕事となるので、慣れないうちはつらいという点、またケーキの種類や名前が複雑で覚えるまで苦労したという話も聞きました。
製造スタッフは繁忙期、とんでもなく忙しくなるので体力勝負ともいわれています。
余ったケーキをもらって太った・・・ということもデメリットになるでしょう。