塾講師のバイトって実際どんなことするの?現役の塾講師の方に直接教えてもらいました!

塾

塾講師のバイトってどんな仕事?

アルバイト塾講師の佐藤さん(以下佐藤さん):簡単に言うと塾の先生のバイトです。
ただし個別指導と集団指導に分かれるので、どちらを担当するかによっても仕事内容は変わってきます。

佐藤さん:個別指導は2人~3人の生徒に講師が1人、受け持つ人数は少ないですがその分1人の生徒に指導できる内容が充実します。
一応授業という形で進めますが、途中で生徒の理解度などもチェックしながらできるだけわかりやすく指導するのがポイントです。

佐藤さん:集団指導は30人前後の大人数になり、ホワイトボード(黒板の場合もあり)を使い指導内容を書きながら進めます。
事前にホワイトボードに書き込んでおくこともあるため、少し早めに教室に行き準備をします。

Q:授業以外で何かやることはあるのですか?

佐藤さん:はい!テストをした場合は採点と指導、学校の授業でわからないところがあれば復習や予習も付き合います。

拘束時間は長いのですか?

佐藤さん:塾による違いもあると思いますが、授業が変わったらすぐ帰れるということはありません。
後片付けや掃除、日報を書いたり、親御さんが迎えに来る生徒がいる場合はそれまで一緒に待つなどもあるから残業は必須です。

ただしこれらの残業はサービス残業になるので、正直早く帰りたいと思うことはあります。
でも終わってから生徒と雑談するのも意外に楽しいので、そんなに苦痛ではありませんね。
大学に行ってから夕方塾で講師のバイトをするので、時間にしたら授業で3時間~4時間、それに雑用などで1時間くらいでしょうか。

待遇について教えてください

佐藤さん:ファストフード店や居酒屋のバイトに比べると、時給はいい方だと思います。
実際には時給というよりも1授業(1コマ)で考えるのですが、時給に換算すると1,000円~3,000円といったところですね。
個別指導と集団指導でも時給は変わってきますが、相場では集団指導の方が指導スキルを必要とするため少し高めです。

塾講師のバイトをして良かったこと・辛かったことは?

佐藤さん:受け持つクラスの生徒によっても変わるのですが、学力レベルが高い子は授業も真剣に聞いてくれますが、時々僕より頭がいい子がいるのでそういう時は恥ずかしいやら申し訳ないやら…講師なのにちゃんと教えられないのが辛かったです。

生徒に教える場合は、自分もそれなりの準備が必要ですし、自分が理解していてもわかるように教えることを考えないといけません。
ただ授業をすればいいというわけではないから、準備や復習・予習が必要です。
既に習ったことでも、もう1度見直してより深く理解できるのはメリットに感じています。

なにか失敗談はありますか?

佐藤さん:最初の頃は大勢の生徒の前で教えるのに緊張してしまい、途中でどこまで教えたか全部飛んでしまい頭が真っ白になったことがありました。
「やばいどうしよう!」と思い焦ってしまいましたが、お調子者の生徒の「先生落ち着いて!」の声に救われましたね。
大学が忙しいときにバイトの日を間違えて、バイトじゃない日に塾に行って準備をしようとしたら、他の講師に「あれ?」と言われて恥ずかしかったこともありました。