WEBデザイナーのバイトってどんなことをするの?経験者に教えてもらいました!

Webデザイン

WEBデザイナーのバイトってどんなことをするの?

WEBデザイナーは、WEBページのデザインをするのが仕事です。
いろんなツールを使ってデザインし、顧客の希望やイメージに合わせて1から創り上げます。

Webデザイナーとは?Webデザイナーの仕事内容と将来性

デザインには、HTMLやCSSという専門的な知識を含め幅広い知識が必要です。
企業に勤める人もいれば、フリーランスでやっている人、派遣やアルバイトまで雇用形態も実にさまざま。
今回はWEBデザイナーのアルバイトをしている人にインタビューしてきました。

バイトにデザインはさせない

WEBデザイナー(バイト):経験や知識が豊富WEBデザイナーなら、すぐにデザインの仕事を任せられることもありますが、未経験者のバイトの場合は簡単な更新からのスタートが一般的ですね。
クライアントから修正依頼があり、それが簡単なものであればバイトが修正するという流れです。

とりあえず、未経験者のバイトがやらせてもらえるのは、ごく簡単な更新や修正作業のみとなります。
デザイナーに単純作業まで任せると、デザインや構成というメインの仕事に支障が出ます。
デザイナーの手を煩わすことなく、且つクライアントの要望に迅速に答えるにはバイトの存在が役に立つのです。
文字を書き直すだけと思われがちですが、クライアントの希望に応えるためには、更新や修正もとても重要な仕事なんですよ!

Q:ずっと単純作業で嫌になりませんか?

WEBデザイナー(バイト):ある程度慣れてくると、画像も担当させてもらえるようになります。
ただし画像の差し替え程度で、内容はリサイズやイメージに合う画像と差し替えるというものです。
PhotoshopやIllustratorが使えると、デザイナーが作成したロゴのトレースや、簡単なバナーくらいは作らせてもらえるようになります。
バイトがいないとこういう仕事を外注することも多いから、同じ部署にバイトを置くメリットもあるんです。

WEBデザイナーのバイトで辛かったことは?

WEBデザイナー(バイト):その都度違いはあるものの、忙しいときは長時間パソコンに向かうので眼精疲労がひどくて、元々肩こりと頭痛持ちということもあって、目の奥と頭がズキズキ痛むのが辛かったです。
アルバイトは途中で上がらせてもらえますが、それでも深夜12時を回っているのも珍しくありませんでしたね。
一見華やかな仕事というイメージですが、現場はかなり疲労困憊しています。

Q:WEBデザイナーに必要な要素ってなんですか?

WEBデザイナー(バイト):基本的にパソコンを使う仕事は、地味で黙々と1人作業を続けるイメージを持たれがちですが、WEBデザイナーはコミュニケーションスキルも必要です。
チームを組んでする仕事も多いから、1人が勝手なことをしてしまうとせっかく作ったモノが台無しになってしまうこともあります。
常にコミュニケーションを取ることが大切ですし、やや高めのコミュニケーションスキルが求められます。

WEBデザイナーのバイトをして良かったことは?

WEBデザイナー(バイト):まだ駆け出しで経験がほとんどないから、バイトしながら現場を経験できるのがすごくありがたいです。
最初は単純作業だけしかやらせてもらえませんが、認められてステップアップできるとやる気も出てきます。
いつか自分がデザインした作品が公開されるのを目標に、これからも頑張りたいと思っています!