猫に癒されたい!猫カフェについて経験者に聞いてみました

癒しを求めた先には

ストレス社会の中で多くの方が日々疲れながら過ごしています。
そして多くの方が癒しを求めています。
そのような人には猫カフェがオススメです。

猫カフェは猫に触れ合いながらカフェを楽しむことができるところです。
基本的には時間制で料金が決まっており、好きなタイミングで入店し、退店できる仕組みになっています。
また猫と触れ合うために、猫のおやつを購入してあげることもできます。

通常は猫と触れ合うだけですが、店舗によって保護猫カフェというスタイルで営業をしているお店があり、その場合は条件が合えば店舗の猫を飼うことができます。

このような猫カフェでは働くにはどうすればよいのでしょうか。
まずは主な仕事内容から紹介していきます。

カフェ業務と猫のお世話

主な仕事内容は2つに分けられます。
カフェでの接客と猫のお世話です。

カフェの場合は一般的なカフェと同じように注文を聞いて、その注文された飲食を提供する流れになります。
しかし猫カフェなので猫が飲食スペースにいることもあります。
その場合は猫がお客様のドリンクを倒したりしないように、勝手に注文の品を食べないように注意を払う必要があります。
キッチンスタッフの場合は注文を受けたドリンクやフードを作る業務になります。

また猫カフェはカフェとは異なり、猫のお世話もスタッフのお仕事になります。
お世話については清掃と餌やりがメインとなっており、清掃については定期的に清潔感を保つように、餌やりについては餌をあげすぎないようにコントロールしなければいけません。

マルチタスクができる人は必見

猫カフェで働く人はどのような人が向いているのでしょうか。
それはカフェと猫のケアを同時にこなしていける人です。

カフェでの接客業務はもちろんですが、猫のケアについてもおろそかにできません。

お客様と猫から同時で声がかかることも頻繁にあります。
その場合は慌てずに丁寧に対処できるスキルが必要でしょう。
問題が発生した場合にもスタッフ同士で協力し合うことも大切ですし、普段からスタッフの間でコミュニケーションをとっておくことも重要です。

お客様を笑顔にできる

そんな猫カフェでのやりがいは猫を通じてお客様を癒すことができることです。
スタッフはそのお手伝いができます。
入店する前は少し疲れた顔をされていた方も、退店される時には笑顔になっている光景を見ると大変やりがいのあるお仕事です。

もし猫カフェで働きたい方がいれば、猫好きが1番のアピールポイントではないでしょうか。
もちろんカフェの接客経験についても強い武器になりますが、猫とずっとお仕事をする上で猫が好きでないと務まりません。
まだ猫カフェに行ったことない方は猫に癒されながら、スタッフの方の仕事ぶりを確認してみるのも良いかもしれません。