誰もが気になる交通量調査のアルバイトの詳しい仕事内容と知りたいことを聞きました!

交通量

気になる仕事「交通量調査」のバイトをくわしく調査しました!

バイトしたいと思う時、興味を持っているけど仕事の内容がいまいちわからないから手を出すのが不安という仕事もありますよね。
例えば交通量調査って道でよく見かけるけど何やってるの?なんて思うこともあります。

そこで、交通量調査のアルバイトをしたことがある人に、色々と聞いてみました。
交通量調査のメリットとか、なぜ行われるのか?それにトイレに行きたくなった時はどうしているの?など、交通量調査の仕事についての調査結果です。

交通量調査がなぜ必要なのか

交通量調査というのは指定された場所で、車の数や歩いている人の数を調べる仕事ですが、車の数を調べる仕事の場合、渋滞解消を目的とした場合が多いといいます。
車の往来がかなり多いところに信号機が設置されたら、ますます渋滞が激しくなりますし、道路工事をするにあたって、どんなふうに道路を作ればいいか考える必要もあるわけです。

また人の数を調べる交通量調査の場合は、商業施設を建設する前に、人通りが多いかどうか、その商業施設を利用する人がどのくらいいるのか?などを調べます。
商業施設が建設された後にも、商業施設ができたことによって人通りが多くなったかどうか?などを調べているのです。

何時から行っているの?休憩は?トイレは?

交通量調査によっても始まる時間は色々ですが、一般的に午前7時から開始することが多いといいます。
出勤する時間帯など、車の往来が激しくなる時間なども調べる必要があるので、午前7時くらいから始めることが多くなるのですね。

仕事は通常同じ場所に2人以上の人数で行い、お互いに休憩をとりつつ仕事しているそうです。
休憩をとるために複数人数で、ということもありますが、トイレに行くことも考えて、2人以上となっているのですね。

ここで不安になるのが、トイレってどこに行ってはいるの?ということですが、基本的に近くの公園とかコンビニなどを借りることになります。
経験豊かな方はあらかじめトイレがある場所を調べて仕事に入るそうですよ。

交通量調査の仕事・・メリットはどこに?

朝結構早い時間から仕事する必要があるし、トイレも自分で探さなければならない、交通量調査の時間帯は休憩とトイレ、食事時間以外拘束されるわけで、結構つらいバイト?とも感じます。
しかし交通量調査のバイトって結構人気があるんです。

トイレを自分で探してそこまでいかなければならないことや、仕事の始まりの時間が早いこともあって、他のバイトよりも時給、日給が高いというメリットがあります。
人とあまりコミュニケーションをとる必要がありませんし、こつこつと車や人を数えるという仕事なので、こういう作業が好きな人にとって最適な仕事ともいえるでしょう。