根気が必要!?ティッシュ配りバイトのメリットや大変なこととは

ティッシュ

ティッシュ配りのバイトって大変?

街を歩いている時にふと差し出されるティッシュ、花粉症の季節などはとてもうれしく感じるものですが、ティシュ配りのバイトは大変だろうなと思う事もあります。
寒い時も熱い時も、ティッシュを道行く人に配っている、このバイト、メリットはどんなところにあるんだろう?と感じる人も多いでしょう。

そこで、ティッシュ配りのバイトのメリットや大変だと思う点、向いている人などを調べてみました。
短期間や単発のバイトも多いティッシュ配りは、お金が欲しい時に最適なバイトになることもあるので、仕事内容やメリットなど詳しく知っておくといいでしょう。

ティッシュ配りの仕事はどんな仕事?配り方のコツは?

ティッシュ配りのバイトは文字通り、与えられた数のティッシュを待ちゆく人に配る仕事です。
時給は意外と高く、1,200円から2,000円となっています。
これは交通費込みの金額ですが、それでもティシュを配るという単純作業で、この時給は高いと思う人の方が多いでしょう。

駅の近くやスーパーの近くなど、人通りが多いところで配ることが多いです。
服装やヘアスタイルに指定があるバイトもありますし、雨天時でも配らなければならないところも多いので、雨の時の対応策も考えておく必要があるでしょう。

ティッシュ配りのコツは、通行の妨げになって反感を買うようなことがないようにすること、止まっている人を狙った方が受け取ってくれる確率が高いこと、狙った人をじろじろ見ずに、受け取ってくれない場合はすぐにあきらめることも肝心といわれています。
しつこく配るのではなく、ポイントを絞って配ってみてダメならすぐにひく、これがポイントになりますね。

ティッシュ配りのメリットや大変な点は?

メリットはまず高時給であることですが、単発の仕事となるので継続的に仕事して設けるという仕事にはなりません。
ただすぐに稼ぎたい、現金が欲しいという人にとっては、日払いなどもあるので、理想的な仕事です。

ティッシュ配りでは、受け取ってくれない人も多く1日に何百という人にどうぞーとティッシュを差し出すことになります。
メンタルが弱い人も、これだけの人に渡そうと試みていれば、いつの間にかメンタルが強くなるという利点もあるのです。
受け取ってくれなくても次々に通行人がやってくるのですから、気持ちをすっと切り替えて業務する・・・これを続けていれば、バイトが終わる時、メンタルが鍛えられているでしょう。

逆に大変なこと、それは屋外での仕事が多いので天候に左右されるという点です。
雨で中止になることもありますし、雨の中でも強行することもあります。

雨具を持っていないと悲惨なことになりますが、それでも配り終わるまで仕事も終わりません。
ティッシュが濡れないように注意しながら配ることも必要で、忍耐力が必要です。
どんなに暑くても寒くても、担当の数はこなさなければなりません。

なかなか受け取ってもらえないとなるとかなり疲労しますが、それでも担当数を配らなければならず、精神的にこたえます。
受け取ってもらえなくても、休憩を取りながら気持ちを切り替えて、自分のペースをつかんで作業しましょう。

ティッシュ配りに向いている人とは?

忍耐力がある人、知らない人にも話しかけられる人が向いているといえますが、逆に、忍耐力がない人、人見知りな人がこれを治すためにこのバイトを利用居てみては?と思います。
忍耐力がない人はこのバイトで、なかなかもらってくれないけど最後まで配り終えるぞと忍耐力を鍛えることバイトになるはずです。

また人見知りな人も、知らない人にどうぞとティッシュを配っているうちに、人と触れ合っていることになり、初対面でも笑顔で話しかけるということができるようになるかもしれません。
この仕事の特徴を活かして、今の自分を変えることも考えてみてはいかがでしょう。